太陽光発電と屋根改修工事

太陽光発電は設置すると何十年と使える物です、せっかく設置するなら屋根もお手入れいらずのものが良いですよね、こちらでは太陽光発電との相性の良いディーズルーフィングの屋根材についてご紹介いたします。

D'sRoofingプロフィール

日本での実績も15年で約20,000棟 世界70カ国以上で認められている高耐久屋根材

D'sルーフィング(ディーズルーフィング)は錆に強いガルバリウム鋼板と同じ組成のジンカリウム鋼板を基材として 表面に陶器瓦と同じ焼成を施した自然石粒を特殊な方法で接着した屋根材は今から40年前に開発され、その抜群の耐久性・防音性・断熱性・防災性・美観性は欧米各国はもとより極寒の北欧・熱帯の東南・南アジア・アフリカ・オセアニアなど さまざまな気候で その性能を発揮し、高く評価されている屋根材です。

 

 ディーズルーフィング ディプロマット

title.png

直線的かつシャープなデザイン。どんな建物にも美しく調和します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともシンプルなデザインで太陽光発電と相性が非常に良いです。ジンカリウム鋼板なので、ヒビ・割れ・欠けの心配がありません。当社では防水シートに高級ゴムアスを使用して、より雨漏れの危険性を防ぎます。ディプロマット詳細・ディートレーディング社へはこちらから

 

ディーズルーフイング クラシックタイル

title2.png4.png

30年以上愛され続けている飽きのこない伝統的なデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラシックタイルはジンカリウム鋼板の強みとデザイン性を兼ね備えた屋根材です。太陽光発電とも相性が良く、新築の搭載率も増えてきています。クラシックタイル詳細・ディートレーディング社へはこちらから

 

軽量な屋根材

3.png

ディーズルーフィングは軽量の上、丈夫です!

錆に強いジンカリウム鋼板を機材にしているため1u当たり7kgと軽量です。右の図のように瓦・セメント瓦に比べおよそ七分の一ほどの重さです。屋根が軽量であることは、建物の負担を軽減し揺れを少なくすることができます。リフォームの際は既存の野地板に構造用合板を上張りして屋根の強度を強くします。

 

金属屋根だと雨音や太陽の熱が反射できないんじゃない?とご心配されるお客様もいらっしゃいます。確かによくある金属屋根の塗装してあるタイプのものは雨音や熱を通しやすく、落雪の問題もありました。ディーズルーフィングは表面に自然石粒層があるので外部からの熱や雨音を軽減できます。また石粒層が雪の滑走を抑えます。

     temperature.gif

 

せっかく太陽光発電を設置しても数年で屋根の改修をするようになっては余計な予算が掛かってしまいます。将来的なランニングコストまで視野に入れて設置されることをお勧めします。既存屋根のご相談やご質問などお気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

お気軽にご相談ください
0120-67-1196

受付時間 : 9:00〜19:00

無料相談・お見積りフォームはこちら
▲このページのトップに戻る