オール電化のご案内

こちらではオール電化について紹介いたします。

 

IHクッキングヒーター

faqih.jpg

使うとその便利さに調理が楽しくなります!

IHクッキングヒーターの良い所はズバリ、掃除が楽exclamation火を使わないので安全・安心かわいいグリルの自動調理も便利るんるん

ガスコンロから切り替える際、鍋を振って調理ができないんじゃない!?火力が弱いんじゃない!?などのご質問をよくいただきます。

今どきのIHクッキングヒーターは素早い温度復帰で鍋ふりもできます!火力も鍋自体が熱を持ちエネルギーロスが少なく、お湯が沸くのもとても速いのです。ガスコンロは調理中、熱がまわりに逃げるのでキッチンの温度が結構暑くなりますが、IHの場合鍋上からの上昇気流となるのでそれほど暑くなりません。ゴトクのわずらわしい掃除もありませんexclamation×2トッププレートを濡れタオルで拭くだけでお掃除完了ですぴかぴか(新しい)

ひらめき便利機能

揚げ物温度調整、高火力で一気に過熱し、設定温度に。食材を投入しても、素早く検知してハイパワーで温度復帰!一定温度を自動的に保つので、続けて揚げてもカラッと仕上がります。

強火からとろ火まで10段階の設定で微妙な火加減も自在にコントロール、長時間の煮込み料理にも便利なタイマーがついています!

うっかり電源を切り忘れても、自動で電源OFF!火を使わないので、ご年配の方でも安心して使えます。

 

 

エコキュート

product_img_l370.jpg

東芝製エコキュート

エコキュートは深夜電力の安い時間帯※1にヒートポンプを稼働させ、空気の熱を集めてお湯を沸かします。

ヒートポンプ内の膨張弁にて冷媒を膨張させ、冷媒の温度を下げることにより空気の熱を集め、その熱を持った冷媒を圧縮機で圧縮し温度を上げて水熱交換機によりタンク内の水をお湯に変えていきます。

エコキュートは、エアコンよりも高温の熱をつくることができる自然冷媒のCO2を使っているので、空気の熱でお湯を作ることができます。少しの電気エネルギーで空気から熱エネルギーを効率よくくみ上げ、お湯を作ることができますexclamation

※1電気契約を深夜電力が安い契約にした場合

recommend05_il01.gif

参考:東京電力電化上手

 電気料金のお話し

右の図は東京電力電化上手の料金グラフ(平成25年11月現在)となります。

エコキュートは午後11時から午前7時までの時間帯でお湯を沸かします。それ以外にも深夜電力をうまく活用して、朝7時までに終わるように洗濯機、炊飯器などタイマー設定するとさらにお得になります。

そのかわり、午前10時から午後5時までの昼間の電気が従量電灯契約より少し高くなります。

昼間の電気代が気になるお宅には、太陽光発電との組み合わせが有効です。

太陽光で発電すれば、昼間の高い電気代を補うことができ、なおかつ余剰電力は売電することが可能だからです。(平成26年度10kw未満売電単価37円)

 

 断水・停電時のお話し

万一の際、オール電化って不安じゃない?停電の時どうするの?と聞かれることがよくあります。

停電の際はガス給湯器も電源が必要なので使えません。あせあせ(飛び散る汗)

 エコキュートは停電前に設定した温度のお湯が使えます※2(貯湯タンクに設定温度以上の保温状態のお湯がある場合)。 断水した場合でも貯湯タンク内にお湯又は水が確保されているため、トイレの排水や生活用水に使うことができます。ぴかぴか(新しい)かわいい

※2マンションなどの貯水槽から水が供給されている場合は使えません

IHクッキングヒーターは停電時使えませんが、カセットボンベ式のコンロを用意しておけば調理もできます。

 

万一の災害時、ライフラインの電気・水道・ガス(都市ガス)の復旧で早いのは、露出配線されてる電気といわれています。埋設配管の水道・ガスは復旧に時間が掛かることが予想できます。

オール電化はいざ、という時でも備えになりますexclamation×2

筆者である私自身、家族の為に備蓄の一環として、エコキュートを導入しました。

オール電化にする前は冬場のガス代で20,000円を超えることもありました、ガス給湯器だと、どのぐらいお湯を使っているか分からないので、使い放題になっていたからです。エコキュートにしてからは残湯量がメモリで見えるので家族が節約してくれるようになり、結果、水道代まで安くなりましたひらめき

 

オール電化をご検討の際はご相談下さいぴかぴか(新しい)実際に使ってる身としてアドバイス差し上げますひらめき

 

 

お問い合わせはこちら

お気軽にご相談ください
0120-67-1196

受付時間 : 9:00〜19:00

無料相談・お見積りフォームはこちら
▲このページのトップに戻る