平成29年 買取制度(FIT法)の改正と買取金額及び賦課金額の発表

平成29年3月14日資源エネルギー庁より、平成29年度価格買取・賦課金額の発表がありました。

 住宅用太陽光(10kw未満)は平成31年度までが発表されました。

 

平成28年度  31円/kw (参考)

平成29年度  28円/kw

平成30年度  26円/kw

平成31年度  24円/kw   と予想通りの減額となってしましました。

 

また、再生可能エネルギーが暮らしを支えるエネルギーの一部になるように目指し電気を利用する皆さんに再生可能エネルギーの賦課金の負担を平成22年から行っています。

本年度の賦課金額は 2.64円/kw と昨年より0.39円値上がりし平成22年のスタートから比べると12倍にもなり、昨年度と比べて標準家庭の月300kwの使用料で年間1400円余りの値上げとなります。

売電金額が下がり、賦課金(負担額)が上がってきていますので、太陽光発電設置の方々は今後はできる限り電気を買わずに、太陽光で発電した電気を使うのが賢い方法にもなってきます。

 

詳しくはこちらより⇒資源エネルギー庁ホームページ

▲このページのトップに戻る